アメリカ大統領選を前に神経質な展開になるか/週間成績2012年11月1週

マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム
この記事の所要時間: 117

更新が遅くなってしまいました。

先週末はアメリカ雇用統計があり、良好な数字が出たようです。それでもその後は株も為替も反落という展開。大統領選挙を来週に控えて神経質な展開が続くのでしょうか。経済問題が選挙の争点になっている模様。オバマさん有利と伝えられていますが、仮に現在の金融緩和に反対姿勢のロムニーさんが当選すれば、大きくドル高トレンドが生まれると考えられているようです。

いずれにしても、今週一週間は不安定な状況かもしれませんから充分気をつけましょう。

WallStreet Forex Robot はマイナスでした。あまりトレード機会も少なかったです。

Forex Growth Bot はマイナスでしたが、復活を予感させる場面もありました。雇用統計前に手動で決済しておいたのですが、そのまま動かしておけばかなりの利益が得られたようです。これは結果論なので気にしませんが……。
Volatility Factor もマイナス。あいかわらずのこつこつドカンでした。

Forex Cleaner もマイナス。最近いいところがありません。

シグナル配信サービスのCurrensee は、月ごとの報告ですので専用ページでどうぞ。

マーチンゲールのForex Envy は、今週はパワーロングサイクル(Mode5)で動かしていました。現在の証拠金は$1172.08(含み損益-12.25、貯蓄用口座移動済み$800) です($1000スタート)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)