日銀異次元緩和発表で円安トレンドに乗る!

FXミッションゼロマニュアル完全版
この記事の所要時間: 133

木曜日の金融政策決定会合後に日銀が発表した無制限緩和のインパクトは予想をはるかに上回る大きさだったようで、調整モードにあった円は一気に円安方向へ飛びました。豪ドルが100円を超えるなど、リーマンショック前あたりの水準まで到達。いよいよドル円も100円越えの円安時代突入の期待が高まります。

金曜の雇用統計はかなり悪い数字でしたが、クロス円を買い遅れた人々へ絶好の押し目を提供するだけ。

西原宏一

2013/04/05 12:50

欧米投機筋も「黒田劇場」に対抗するよりも、むしろフォローする側に回っている印象。

今晩の米雇用統計は、数字が悪化してドル円が反落すれば、ドルを買い遅れた参加者にとっては「押し目買い」の好機ととらえられるのではないかと考えています。

上記の西原メールがみごとヒットしました。雇用統計前にポジションはスクエアにし、反落したら買いと決めて準備していました。私はドル円ではなく、ユーロ円にしました。悪い数字ならドル売りの反動でユーロは買われると思ったからです。

結果、期待どおりに雇用統計は悪くて反落。ただ、いつもの雇用統計のとてつもない下落はなく、常識の範囲内の下落にとどまりました。海外口座で浅めのストップを入れてのハイレバでユーロ円をロングし、すぐさま入浴。帰還してみると、なんとも笑いが止まらない結果となっておりました。ちなみにそのポジションは買値にストップを入れて週またぎし、いまだにホールドしております。我が家の家宝にしたいポジです。

下が木曜から現在(月曜夕方)までのユーロ円1時間足チャートです。マーフィーさんのスパンモデルとスーパーボリンジャーで表示してあります。

f:id:hosshy1225:20140522115551p:plain

うまいこと青い雲にそって上昇していますね。これを押し目買いの目安にトレードします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)