相場日記

ゴールドのショート、華麗に利確!(ドテンロング?)

この記事の所要時間: 310

先々週からゴールドを強気にショートしています(そのときの記事→『ゴールドの下落はこれからだ!』)が、うまいことテクニカル分析どおりに下落し、本日、バッサリと利益確定いたしました。強気のロット数で成功したので、けっこう利益ほくほくです。

今回ここで利確したのは、トム・デマークのTDシーケンシャルのTDレインフォースメントが完成したからです。分からない方には意味不明だと思いますが、私も只今勉強中のテクニカルなので、詳しくはありません。西原メールでよく取り上げられるテクニカル指標で、トレンドの反転ポイントを教えてくれます。

続きでチャートを見てみましょう。

CFDチャートを見てみよう!

金CFD 日足

下のチャートは前回掲載した5月13日時点のチャートです。ちなみにショートをエントリーしたのは5月7日でした。フィボナッチの61.8%で止められてMACDが陰転……くらいの根拠でした。

金cfd

こちらが今日の日足です。TDシーケンシャル(ロウソク足の下に数字がふられているもの)で黄色く○を付けたように、『9-13-9』が完成したのがTDレインフォースメントです。強気の反転サインと言われています。レアなサインなので、これを信じてポジションはいったんクローズです。

金cfd

ちなみに、TDレインフォースメントに従って、思い切ってドテンロングしました。強力な反転サインであることと、ストップロスを置きやすいポイント(直近安値の1320あたり)が近くにあるからです。

ただ、このロングはトレンドに明らかに逆らうポジションなので、ダメそうならあっさり降りることにしています。テクニカル的に強気のサインも、テクニカル無視の強力トレンドには役に立たないことが多いです。アベノミクス相場もデマークのサインなど片っ端から無視して上げ続けています。

金CFD 週足

一応、週足チャートもチェックしておきます。何カ所かに矢印があるのがお分かりと思います。青い数字の9や赤い数字の13で矢印が出て反転を示しています。青の矢印は小さなトレンドの反転を示すのですが、週足だと青矢印で大きなトレンドが転換しているように思えます。

金cfd

ちょうど今週は7が点灯しています。このまま行けば、再来週には9が点灯して反転、というパターンが考えられます。おおざっぱに言うと、再来週の終値が 1448より下であれば、想定どおりに9が点灯するはずです。よって、いまロングはしていますが、もっと下があると覚悟しています。ちなみに1100まで下落するといった記事もよく見かけるようになりました。

このデマークのテクニカルについては、私も今勉強中なので、間違っているかもしれません。なんせかなり難しいので。ひととおり学び終えたら専用ページを作ってみたいと思いますが、いつになるやら。興味のある方はぜひ一読してみることをオススメします。

デマークのチャート分析テクニック (ウィザードブックシリーズ 41)

デマークのチャート分析テクニック (ウィザードブックシリーズ 41)

  • 作者: トーマス・R・デマーク,Thomas R. DeMark,長尾慎太郎,柳谷雅之,森谷博之
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2002/08/30
  • メディア: 単行本
  • クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

こちらは西原宏一さんによる解説DVDです。

DVD 勝者の手法でFXマーケットの転換点をつかめ (<DVD>)

DVD 勝者の手法でFXマーケットの転換点をつかめ ()

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)