日本株はいつ買うの?今でしょ!ダブルレポだし

マーフィーのメンタルトレードEブック・DVD
この記事の所要時間: 152

最近は豪ドルの反転を狙っておりましたが、一瞬うまく反騰しただけで、また戻ってきてしまったので撤退しました。今日のRBA議事録でもまだまだ下値余地がありそうな内容だったので、次のチャンスまで待機します。明日のFOMCも要警戒ですし。

そんなところですが、タイトルのとおり、ビッグチャンス到来の予感です。『歴史的な上げ幅の後の歴史的な調整』といった感じの日経平均でしたが、テクニカル的には調整完了を示唆しています。今年前半のような『買っとけば儲かる簡単相場』は再びやって来るのでしょうか

CFDチャートを見てみよう!

日経225 日足

下のチャートは日経平均CFDの日足です。見ての通り、ディナポリのダブルレポが完成しています(確定するまでまだ時間がありますが、ほぼ確実に完成します)。スラスト(急落)の期間も12本あり、2つのボトムの値が近く、1回目から2回目の上抜けまでの期間が6本……と、きれいに要件を満たしています。しかも、今回は同時に7DMAまで上抜け、MACDとストキャスティクスが同時にゴールデンクロスしています。これだけのサインが同時に出ているので、かなり心強いです。今日、クリック証券CFDで日本225をロングしました。

f:id:hosshy1225:20140522100749j:plain

ちなみに、ターゲットはフィボナッチ61.8%にあたる14640を想定していますが、再びアベノミクス相場に火が付くようだともっと上まであるのかなと期待しています。ちょうど参院選前なので、政府も株価を上げたいところでしょうし。

今日紹介したテクニカルは、私もいま勉強中なのですが、よく西原宏一のシンプルFXで取り上げられているものです。けっこう難しいですが、ディナポリとデマークはしっかりマスターしたいものです。

ディナポリの秘数フィボナッチ売買法―押し・戻り分析で仕掛けから手仕舞いまでわかる (ウィザードブックシリーズ)

ディナポリの秘数フィボナッチ売買法―押し・戻り分析で仕掛けから手仕舞いまでわかる (ウィザードブックシリーズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)