相場日記

日米欧が不透明な中、オセアニア通貨にビッグチャンス!

この記事の所要時間: 24

またまたこんにちは、ポゾです。

先ほどの記事(日本株・クロス円ともに調整局面入りの兆候)にも書きましたが、基本的に株も為替もリスクオフモードの調整があるかと思っています。アメリカの政府閉鎖やヨーロッパはイタリア政情不安など、不確定要素が多くて難しい相場に突入しています。

そんな中ですが、私はおいしいチャートを発見したので、虎視眈々と狙っております。……それは、AUD/NZD(豪ドル・キウイドル)です!この通貨ペアはちょうど1年前くらいから豪ドルの大きな下落相場が続いておりましたが、そろそろ底を打ったのではないかと思っています。

まずは日足チャートから。ここ数日は3*3DMAを割れたり越えたりを繰り返しており、下げ渋っている様子。一見ディナポリのダブルレポっぽい形状ではありますが、下げの本数が足りていません。ただ、下げたくとも下げられずに戻されている感じの形状ではあります。ちょうど昨日はRBAの政策金利発表があったのですが、それをきっかけに豪ドルが買われ、ダブルボトムの形をつけて3*3DMAを越えました。このまま25DMAも越えて雲を抜ければ上昇トレンド入りです。その場合、どこまで行くでしょうか。

f:id:hosshy1225:20140522124716j:plain

週足を見てみると、あらビックリ。なんとも凄いチャート。3*3DMAを抜ければ、見事なダブルレポが完成します。週足でこんなにきれいなダブルレポは滅多にお目にかかれません。もっとも現時点ではまだ完成していませんが、今週か来週に注目です。完成すれば、相場が反転することを示しますから、ガッツリ稼いでやろうと昨日エントリーしました。アメリカやヨーロッパに神経質にならずに持っていられるので、気楽に持っていられます。

f:id:hosshy1225:20140522124730j:plain

ダブルレポは相場が反転する非常に強いサイン。しかも週足で完成となれば、1年間にもおよぶ大きなトレンドが反転するわけですから、かなりのビッグチャンスだと思います。ちなみにディナポリの原書では、「ダウの週足でダブルレポが現れたら投資信託を解約しろ」みたいなことが書かれていました。

AUD/NZDはマイナー通貨ペアなので取扱いがない業者が多いですが、私がメインで使っているヒロセ通商では取り扱っています。また、取扱いがない業者でも、豪ドル円(対ドルでも)を買ってキウイ円を売ることによって複合通貨ペアをトレードすることが可能です(証拠金が売りと買いで必要なので資金効率は悪くなります)。

以上、ポゾでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)