ミラートレーダー運用日記

【ミラートレーダー週間成績】リスクオフ相場に向けて損小利大ポートフォリオを強化!

この記事の所要時間: 249
【ミラートレーダー週間成績】リスクオフ相場に向けて損小利大ポートフォリオを強化!

こんにちは、ポゾです。

先週のミラートレーダー結果です。新興国懸念からリスクオフが進んだ一週間でしたが、ミラートレーダーの方は大きな動きはありませんでした。損小利大ストラテジーばかりによる構成なので、反対のポジを捨ててトレンド方向のポジを仕込む段階でしょうか。こういった転換点をうまく乗り越えれば、あとは含み益のポジをしっかりホールドするばかりとなります。

 ちなみに今週末はアメリカ雇用統計があるほか、ヨーロッパやイギリスでも中央銀行イベントが目白押しです。本来ならば大幅にリスクを減らすか停めてしまってもいいくらいなのですが、今週はこのまま動かし続けます。世界的に様々な悪材料がくすぶり始めている中、アメリカの失業率の結果だけで大きくトレンド転換する場面ではないと思うからです。このままリスクオフ方向へ加速することはあるでしょうが、逆にリスクオンに火が付く展開はちょっと考えにくいですね。

 

それでは、インヴァスト証券シストレ24のポートフォリオAの成績です。赤いのは今週でとりあえずクビにするストラテジー。青いのは先週クビにしたんだけどポジションが残っていたストラテジーです。

 今週の全体成績は-436.8pips+9215となりました。100万円スタートの資金残高は909,171円(90,829円)です。ご覧のとおり、結果的にはちょいプラス程度となりました。現在含み益を1万円程度持って週越えしています。

 

<変更点>

さて、ポートフォリオのメンテナンスです。

Tスコア9以下か30日でマイナスというルールに従って、ZacBalance(AUDJPY)Rangecluster30(AUDUSD)が除外となります。ちなみにGYAKUKAGI(EURCAD)はTスコア8.92となって除外条件を満たしてしまうのですが、200pips越えのポジを2つ抱えている状況なので復活の公算が高いものとして残留させます。P-Wave(GBPJPY)は30日ルールに該当しますが、『平均利益÷平均損失』の値が高く、今後に期待が持てそうなのでとりあえず今週は目をつぶります。

 

次に追加ストラテジーを選択します。候補は今回も①Tスコア9以上、②平均利益÷平均損失=1.2以上、③平均損失-100以上の条件で候補を絞ります。54件が残りましたが、前回は40件だったので相場に合うストラテジーが増加傾向にあるようです。

その中から、まずはAUDJPYのペアが消えてしまったので、BeaconFX SecondLine(AUDJPY)を追加。EURJPYから真新しそうなScalSS(EURJPY)、手薄なドルストレートからHowk S(AUDUSD)KAGI(GBPUSD)を新規採用とします。

 

次に、海外のFXDD(【FXDD】海外FXブローカーの有利な条件でミラートレーダーを稼働!)で稼働しているポートフォリオBの成績です。決済ポジションは-1078.4pipsでした。こちらのポートフォリオは基本的には入れ替えなしで、長期的なスタンスでのんびり放置します。ドル建て口座なので、外貨預金のつもりで数年間増やし続けるのが目標です。

ストラテジーによる好不調の差が出てきたようです。ミラートレーダーの代表的なストラテジーであるThirdBrainFXが絶好調モードに突入しています

 

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)