相場日記

【今週の為替注目点】今週は円安トレンド発生に期待、豪ドルも面白い

この記事の所要時間: 250

こんにちは、ポゾです。

先週はECBマイナス金利導入の乱高下からアメリカ雇用統計と、忙しい一週間でした。イベント前後でトレードがやりにくかったですね。今週はそこから本格的な動きが見られるのでしょうか。

 今週の重要スケジュール

重要なイベントは下記のとおり。

  • 10日 GBP 鉱工業生産指数など
  • 11日 GBP 雇用統計
  • 12日 NZ   政策金利発表
  •    AUD 雇用統計
  •            USD  小売売上高
  • 12-13 JPY 日銀政策決定会合・黒田総裁会見

今週の主要通貨ペアの展望

ドル円(USD/JPY)

ドル円は一目均衡表の抵抗帯(雲)の上抜けへの再チャレンジが見どころ。政府の成長戦略が期待されているので、買われやすいと思います。さくっと突破して上昇トレンド確定するでしょうか。上に行けなくても、下もサポートがたくさんあるので堅そう。

ドル円日足

ちなみに、表示しているチャートはディナポリチャートにデマークのTDシーケンシャルと一目均衡表の雲を加えたものです。

関連記事:ディナポリチャートについてはこちら

ユーロドル(EUR/USD)

ユーロは先週の重大イベント時の乱高下の余波に注目。ユーロドルは長い下ヒゲをつけてリバウンドしましたが、長い目で見ると緩和スタンスが強いユーロは売られるでしょうから、戻り売りスタンスが得策かと思います。現在フィボナッチの38.2%近辺。ただ、底値で売っている人たちがかなり捕まっていそうなので、下ヒゲのゾーンを突破するのも難しそう。ヒゲがサポートになって持ち合いになると予想します。

ユーロドル日足

ポンドドル(GBP/USD)

ポンドドルは調整完了して再度上昇基調に乗れるかに注目。一目均衡表の雲にはじき返されてリバウンドしている形ですが、目先には下降トレンドラインとディナポリの5*25DMAが頭を押さえる形。ここを突破すれば上昇モードに突入するでしょう。ちなみにMACDは今ゴールデンクロスしそうです。下目線の人は、トレンドラインにぶつかりそうなこのレベルでショートする戦略もありでしょう。

ポンドドル日足

オージードル(AUD/USD)

豪ドルは比較的強いです。豪ドルドルの一目均衡表を見ると、三役好転まであと一つです。雲の上をキープできれば、完成は時間の問題。中国の景気減速懸念後退とともに豪ドル上昇のシナリオがありそう。

豪ドルドル日足

ちなみに↓は同じチャートのボリンジャーバンドです。ダマシを減らすように期間を50に設定してますが、うまい具合にバンドがスクイーズしています。ブレイクした後の動きは大きくなりそうです。

豪ドルドル日足

今週のイチオシ

私が今週一番攻めてみたいのは、ユーロオージー(EUR/AUD)のショート。やはり一番弱そうなのはユーロ、強そうなのが豪ドルという組み合わせ。上記のようにユーロドルはリバウンドモードだったのに対し、ユーロオージーは下ヒゲを消す勢いで安値をブレイクしそうです。タートルズトレードでもショートしていますが、裁量でもショート攻めしています。スワップもついて美味しいです。

ユーロオージー日足

ほかにはクロス円が予想どおり上げれば、豪ドル円やポンド円も面白くなりそうです。

今週はリスクオンで攻めていくポゾでした。

それでは皆さん、今週もトレード頑張りましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)