タートルズ流トレード日記

【今週のタートルズトレード】為替も株もコモディティもトレンド発生中!

この記事の所要時間: 316

こんにちは、ポゾです。

タートルズ流トレンドフォロートレードの一週間を振り返ります。

今週は何と言ってもユーロ売りトレンドが主役でした。金利の低いユーロを売って高金利通貨を運用するユーロキャリートレードの流れで、ユーロ安は今年一番のトレンドになりそうな気配。その点には後で触れますが、まずは今週のトレード結果から。

 決済したポジション

金CFD売り

残念ながらトレンド続かずにストップ。3ポジで平均0.23Rの損失に終わりました。

ゴールドCFD

Rは1トレードあたりの許容リスク額のこと。たとえば1R=1万円の場合、エントリー時に損失が1万円になるようにストップを置きます(値幅を調整するのではなく、ポジションサイズを調整します)。その後、価格が順行したら買い(売り)増ししますが、その際、最初のポジションのストップは新規ポジションのストップ位置にトレールします。そんな具合で、順行するほどに初期のリスク額から実際の損失額は小さくなっていきます。つまり、1ポジションあたり1万円の損失を覚悟してエントリーしたものが、1ポジション平均で2,333円だったという結果に終わったので、損失には終わったものの、ダメージは少ないのです。

↓のDVDで習った戦略です。

小次郎講師流【DVD】小次郎講師流 タートルズ投資法

小次郎講師
DVD 2枚組 10巻セット
本体 47,429円 税込 51,223円

400ドルを数10億ドルにした伝説のトレーダー集団「タートルズ」の投資術を徹底解明します。
レビューはこちら

   

保有中のポジション

S&P500CFD買い

順調に株は上がっていました。私の相場観では、これ以上株が上値を追い続けるイメージもないので、反落が不安です。エントリーしたらルールに従うだけなので、我慢して見守っています。

SP500

EUR/AUD売り

ユーロ売りのトレンドに乗れているのが、こちら。マイルールでは3ポジまでなので、あとは祈るのみ。これ以外に、裁量のポジションも持っています。

ユーロ豪ドル

 

新規エントリー

原油CFD買い

逆指値注文を入れておいたら、一気に3ポジになっていました。中東方面で何か起きたのが原因のようですが、私は後から知りました。このトレンドフォロー戦略はリーマンショック時にも好成績だったと聞きますが、機械的に注文を出しておくことが秘訣でしょうか。

原油CFD

大豆CFD売り

こちらは気づくのが遅れたので、まだ1ポジだけ。コーンはすでに大幅に下落しているのですが、穀物価格は上昇するのではないかという相場観を抱いていたため、裁量が邪魔をしてトレンドを見逃したという反省があるので、遅れましたが大豆には参戦しました。

大豆CFD

残念なお話

しっかりルールを決めてやっていることなので仕方ないのですが、以下の通貨ペアは非常に残念なことになっています。先週のイベント前の巻き返しのせいで決済されてしまい、トレンドから振り落とされて置いて行かれてしまいました。

EUR/GBP売り

ユーロポンド

GBP/CHF買い

ポンドスイス

いま決めているルールでは、この状況(再度高安値を更新)で再び参戦はしないようにしているのですが、このあたりのルールは今後固めていきたいと思っています。トレンドフォロー戦術に関する書籍なども読みあさっているところです。

トレンドフォロー白書 (ウイザードブックシリーズ)

トレンドフォロー白書 (ウイザードブックシリーズ)

 

そんなわけで、保有中のポジは以下のとおりです。

銘柄 売買 ポジション数
EUR/AUD 3
S&P500 3
原油 3
大豆 1

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)