相場日記

【今週の為替注目点】ワールドカップが為替相場に影響するか? ユーロ売りの命運は!?

この記事の所要時間: 328

こんにちは、ポゾです。

昨日はワールドカップ日本戦、残念でしたね。日曜日だったから観戦できましたが、平日の試合はサラリーマンにとっては仕事に身が入りません。どうしよう。

もちろん欧米の為替のレイヤーたちにとっても同じこと。とくにサッカー人気の高いヨーロッパの人たちは、為替相場そっちのけでサッカーにのめり込んでいそうです。それがユーロ売りに影響が出るのでしょうか。ちょっと興味がありますね。

今週の重要スケジュール

  • 18(水) US FOMC政策金利発表等
  • 19(木) AU GDP
  •        GB 小売売上高
  •        US 新規失業保険申請件数

注目はやはり水曜のFOMCですね。だいたいそれまでは様子見相場になるパターンが多いですから、週前半は勝負に出ない方がいいしょう。

今週の主要通貨ペアの展望

USD/JPY

上抜け期待も、期待外れに終わった先週。結局揉み合いモードです。金曜に法人税減税のニュースが出たにもかかわらず上げられないというのは、かなり雰囲気が悪いと思います。しかし、株やドル円が崩れるたびに政府からの口先介入や新しいニュースが飛び込んできて跳ねるものだから、ここからショートするのも恐いです。雲を上抜けたらロング参戦、のつもりです。

ドル円

EUR/USD

ユーロは相変わらずです。下値をブレイクするか、に注目。ワールドカップ中は売りの手が休まる??なんて邪推してしまいますが、イタリア・スペイン・フランス・オランダなど、強豪の試合が目白押しです。

ユーロドル

GBP/USD

ワールドカップは黒星スタートのイングランドですが、ポンドは元気です。利上げ期待が高まり、先週一気に三角持ち合いを大きくブレイクしました。見ていなかったので、乗れませんでした。押し目待ちでロングでしょうか。

ポンドドル

AUD/USD

こちらもオーストラリアは黒星スタートでしたが、豪ドルは上昇基調。しかし、TDシーケンシャルのカウントダウンが完了して赤い↓が点灯しています。ここらで一休みするのかもしれません。

豪ドルドル

デマークの調整サインが出ている通貨ペア

AUD/USDのほかにもデマークのTDシーケンシャルのサインが出ているペアがありましたので、まとめて紹介します。トレンドの出ていたペアはそろそろ調整しそうな気配が漂っています。

EUR/JPY

今日の日足でカウントダウン完了しそう。売り疲れの症状が出てきそう。

ユーロ円

AUD/JPY

すでに確定しており、3*3DMAを割り込んで反対にカウントを始めています。

豪ドル円

NZD/JPY

キウイは今日確定セットアップ完了するか。

キウイ円

USD/CHF

スイスフランが弱いせいで、こちらも上昇トレンドでした。

ドルスイス
DVD 勝者の手法でFXマーケットの転換点をつかめ (<DVD>)

DVD 勝者の手法でFXマーケットの転換点をつかめ ()

前回のオススメ通過ペア

前回注目したのはUSD/CADでした。

ドルカナダ

……特に動きがありませんでした。ただ、まだ下目線でブレイク待ちのスタンスでいます。

今週のオススメ通貨ペア

EUR/NZD

EUR/AUDを裁量でショートしていましたが、半分利確し、こちらの対キウイをショートしました。利上げモード突入のキウイは最強状態。AUD/NZDも先週から下げ始めているので、対豪ドルより対キウイの方が美味しいはず。

ユーロキウイ

基本的には利上げ期待通貨(高くなりそう)がNZドルとポンド、反対に緩和期待(安くなりそう)がユーロ。おそらく円やスイスフランも緩和グループでしょう。強い通貨と弱い通貨が二極化してきましたので、しっかり通貨ペアを選択すれば有利に闘えそうですね。

それでは、今週もがんばりましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)