相場日記

イングランドはW杯敗退したが、ポンドは世界最強の大英帝国状態!

この記事の所要時間: 131

こんにちは、ポゾです。

今日は朝からサッカー日本戦で大変な一日でした。早起きして前半戦を見たらハーフタイム中に急いで出勤、後半戦を会社で観戦といった気合いの入れ具合でしたが、残念ながら引き分けでしたね。ギリシャショック再燃です。ただ、まだあと1戦残っているので、希望を捨てないように応援しましょう!

すでに敗退が決まってしまったのが強豪イングランドですが、ポンドは世界最強通貨になるかもしれません。

チャートで見るポンド

GBP/JPY 日足

節目をブレイクしたポンド円。このチャートを一歩下がって俯瞰して見てみると……

ポンド円

……こうなります↓。173.6円あたりのレベルは今年の年初からチャレンジし続けて、今回が6回目です。下の一つ目の↓が今年の1月2日です。かなり固いディフェンスラインでしたが、ここを明確に突破すれば、違った景色が見えてくるはずです。

ポンド円

  GBP/USD 日足

ポンドドルも同様に節目をブレイクしてきました。円はちょっと円高気味ですが、ドルはドル安気味なので、こちらのペアの方が強いです。

GBPUSD
GBP/USD月足

長い目で、月足にしてみました。すると、ちょうど今月が一目均衡表の雲を抜けるところでした。このままの水準で月末まで踏ん張れば、新たなステージに突入です。ちなみに日足チャートに引いた水平線ですが、すごいさかのぼってみると、ちょうど節目になっていました。リーマンショックの大暴落から大きくリバウンドした時の2009年8月の高値です。約5年も前ですね。5年前の高値を同時に越えようとしているわけですから、今後、ダンゼン注目していきたいと思います。

GBPUSD

株も強いことだし、夏にかけての相場は暑くなりそうですね。

以上、ポゾでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)