相場日記

【今週の為替注目点】イベントウィークを前にドル円は下降トレンド入り! 遂に相場が大きく動き出す前兆あり!

この記事の所要時間: 257

こんにちは、ポゾです。今週も一週間よろしくお願いします。

下記のとおりですが、今週はトレードが難しい週となりそうです。

今週の重要スケジュール

  • 30(月) ユーロ圏CPIほか
  •  1(火) RBA政策金利、ISM製造業景況指数(US)
  •  2(水) ADP雇用統計、イエレン議長講演
  •  3(木) ECB政策金利、米雇用統計
  •  4(金) 米独立記念日休場

今週はかなりイレギュラーな週ですね。注目は何と言っても木曜日。

4日がアメリカ独立記念日でお休みのため、雇用統計の発表を前倒しで3日木曜に実施。その結果として、ECBドラギ総裁の会見とアメリカ雇用統計が同時に行われるという異常事態です。

より具体的には、

  • 20:45 ECB政策金利発表
  • 21:30  アメリカ雇用統計発表、新規失業保険申請件数、5月貿易収支、ドラギ総裁会見スタート
  • 22:45  サービス業PMI
  • 23:00 ISM非製造業景況指数

こんなに激しいスケジュールを見たのは初めてです。恐ろしいですね。

今週の主要通貨ペアの展望

USD/JPY

今週最も注目しているのが、ドル安の行方。チャートのとおり、ドル円は完全に下抜けしてしまいました。他のクロス円ではそれほどの下落感はないので、円高というよりはドル安という印象です。ただ、膠着期間が長かったので、動き出したら大きいのではないかと思っています。チャートの下半分はDMIですが、プラスとマイナスのDIがネジネジしていて、その下をADXが潜伏している状態(ポゾ命名:サブマリン状態)が続いていましたが、プラスとマイナスが開き、浮上してきたADXとクロスしています。長い間穏やかだった海に嵐が訪れそうな予感漂うサインですね

usdjpy

ちなみに、以前このDMIについて書いたのが、下記の記事。1ヶ月以上前の記事でしたが、ようやく動き出しましたね。

ついでに一目均衡表も見ておきましょう。三役逆転が完成しました。下げトレンド入り確定と言っていいのではないでしょうか。

usdjpy ichimoku

EUR/USD

ワールドカップ中というのが影響しているのかわかりませんが、ユーロ売りは続かず。ドル安も相まって、反転モードは変わらずです。ただ動きがはっきりしないし、ECBウィークなので、様子見が懸命かと。

eurusd

GBP/USD

こちらは上値が重いのかな。はっきり抜けてくるまでは様子見です。

gbpusd

AUD/USD

こちらも様子見。明日がRBAの重要イベントです。

audusd

NZD/USD

上昇トレンドをキープしていますが、他通貨同様様子見で。

nzdusd

USD/CAD

やけに強いのがカナダドル。ここの下落が一番強烈なトレンドとなっています。今から飛び乗れる位置でもありませんが。

usdcad

今週の注目通貨ペア

今週の注目は、上述したように断然ドル円です。5/21の安値100.81あたりを抜けてくるようだと、100円割れも時間の問題だと思います。

下記の記事は先週書いた若林栄四さんの相場予測です。これを信じているわけではないのですが、本当に今週100円割れがありそうで恐ろしいですね。

それでは、今週もトレード頑張りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)