【FX業者ガチンコ体験レポート】SBI FXTRADE

この記事の所要時間: 548

証券会社も含めて手広くやっている例のグループは、FX会社もやっています。女優の黒谷友香さんを起用したCMはテレビでたびたび目にしますね。ネームバリューと露出度によるメジャー感はFX業者でも屈指です。

SBI FXトレードの最大のセールスポイントは?

ナンバー1度★★★★★

やっぱり低コスト

こちらの系列会社といえば、いきなりナンバーワンに躍り出て注目を集めるのが常套手段ですが、FXにおいてもその手法は健在でした。各社がスプレッド競争を繰り広げる中、それまではドル円0.3銭が最小だったところ、SBIはいきなり0.27銭を打ち出して注目を集めました。今でもこのスプレッドは同社の最大の強みとなっています。

驚異の1通貨単位から取引可能

普通のFXといえば1万通貨単位とか1000通貨単位で取引するものです。マネーパートナーズが100通貨単位なんてサービスをやっておりますが、SBIはさらに上。なんと1通貨単位から取引可能です。トレードするのに必要な最低証拠金額は、4円! たったの4円で1ドルポジることができます。

「だったら1ドルだけ買ってみようか!」

なんて人はいないでしょうが、リアルマネーで練習してみたい初心者の方には最適かもしれません。マネパの場合は100通貨のnano口座と通常口座とでは使えるツールや通貨ペアが違うなどの制限がありますが、SBIの場合は1通貨でも1万通貨でも基本的に条件は同じです。

ケタ数が多い

もう1つオンリーワンのサービスなのが、レートのケタ数が小数点以下4桁で他社より1つ多いことです。そもそもこれが無ければ0.27なんてスプレッドは提示できない訳ですが。ま、オマケ程度に考えておきましょう。

SBIFXトレード

SBI FXトレードの通貨ペアとコストは?

通貨ペア★★☆☆☆

取り扱い通貨ペアはクロス円+EUR/USD、GBP/USD、AUD/USDの全12ペア。はっきり言って物足りないですね。

コスト★★★★☆

「低コストが最大の強み」とか言っておきながら★の数少ないじゃん、というツッコミ。ごもっともです。SBIはロット数によってスプレッドが変動します。たとえばドル円なら、1万通貨まで0.27、50万通貨までは0.39、それ以上は0.58となります。つまり、胸を張って最小スプレッドと言えるのは1万通貨以下の場合のみ。それ以降は他と遜色ない数字になってしまいます。

SBI FXトレードの取引ツールは?

さて、もっとも重要なのが取引ツールです。いくらコストが低くても、ツールが使いにくいと意味がありません。

見やすさ★★★☆☆

下の画像はシンプル画面というレイアウト設定。他にもカスタマイズできますが、ウィンドウを細かく並べるタイプでかなり見にくい。このシンプル画面が最適だと思いました。

コンパクトに発注パネルとチャートが収められており、一見するとマネーパートナーズやDMMで使っているツールに似た感じです。それでいて、チャートはマウス操作による注文変更ができる。どうみてもマネパやDMMより一歩優れているように思えます。「もしかして最強ツール?」と当初は心躍ったものです。

ただ、使っているうちにテンションは下がっていきました。改善して欲しい点をまとめてみます。

  1. 各ウィンドウが画面内にしっかり収まってない。ウィンドウが後ろに隠れていたり、はみ出していたり。いちいちウィンドウを出したりの操作をするのに時間を食うので、売買タイミングを逃します。
  2. チャートの配色や表示設定などカスタマイズできない。デフォルトで十分見にくい。

左側の注文パネルだけ切り離せるので、MT4や他社のチャートに並べて使うのがベストだと思います(ちょっと大きいですが)。

操作性★★☆☆☆

システム的に脆弱な感があって、使い勝手は良いとは言えません。

まず、タイムアウト問題。使おうとしたら、接続がタイムアウトしてツールが強制終了して困ることが何回もありました。よくよく調べてみると設定で変更できました。設定>>無通信ログオフ設定に進むと、自動でログオフするまでの時間が設定できます。ここで「なし」にすれば、放置していてもタイムアウトしません。

……で一件落着なはずだったのですが、無通信ログオフなしに設定しても、頻繁に強制終了してしまいます。トレードチャンスが来てすぐに注文しようとしたところ、ツールがダウン→再起動して再ログインするのに時間がかかる。かなり困ったものです。これはさすがにシステムの弱さ以外の何ものでもないでしょう。

もう一つ注意点。成行注文時に決済注文を同時設定できますが、翌日までポジションを持ち越したら決済注文が消えていて大変なことになったことがあります。決済注文の有効期限を当日にしてしまったのです。他の業者では気にしたことはなかったです。普通は最初から無期限なっているはずですが、SBIの場合はデフォルトで当日になっていて、無期限にするのに操作しなければならない。これも設定で変更できました。設定>>注文設定>>プリセット情報設定で、有効期限を無期限に変更しておきましょう

こんな風に、自分で設定できるから良かったものの、ちょっと不親切な設計だと思いました。

その他の操作性についても、ツールが重たくて動きがカクカクしたり、入力するスペースが小さいなどの不満点があり、改善して欲しいです。ちなみにトレール注文がないのも痛いです。

評価できる点としては、成行注文時同時決済注文機能とチャートでマウス操作による注文変更が可能なこと(これもあまり使いやすくはない)。

また、注文した直後に以下のようなウィンドウが出現したことがありました。これはよそではなかなかやっていないですね。さすがにコスト意識は常に高いんだな、と感心しました。

SBIFXトレード

SBI FXTRADEの総合評価は?

総合点★★★☆☆

コスト面で独自色を打ち出していく姿勢は十分評価できる点です。確かに小さな資金で練習したい初心者にとっては、少しでもスプレッドが小さい方がよく、1通貨単位から取引できるのはありがたいでしょう。

まず試しにFXやってみようかな、という初心者の皆さんは、ここで100通貨とかで練習してみることをオススメします。

ただし、コストやスリッページといった耳障りのいい面ばかりを意識していて、継続してトレードしていくために必要な取引ツールや通貨ペア数などがないがしろにされている気がします。初心者が中級者にレベルアップした時に、この業者にとどまっていたいかどうかは微妙な点だと思います。コストを前面に押し出してテレビCM打って広告に力を入れるくらいなら、他にやることはもっとあるんじゃないかと思います。ま、新しい業者なので、その辺りは今後改善されていくことに期待しましょう。

2 件のコメント

  • こんにちは!SBIでFXの口座を作ろうと思っていた矢先にこの記事を読みました。口座を作るのは保留にしようと思います。かなり参考になりました。感謝です!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)