相場日記

【今週の為替注目点】雇用統計ウィークにドル円は110円の大台に挑戦する!!

この記事の所要時間: 226

こんばんは、ポゾです。

為替相場は強烈なドル高トレンドがかなり進行していますが、そろそろ反転するんじゃないかとおっかなびっくりな毎日になってきました。今週は雇用統計ウィークですから、いつも以上に注意して望む必要がありそうです。

 今週の重要スケジュール

  • 30日(火) HSBC中国製造業PMI、イギリスGDP確報値、アメリカ消費者信頼感指数
  • 1日(水) 豪小売売上高、アメリカADP雇用統計・ISM製造業指数
  • 2日(木) ECB政策金利・ドラギ総裁会見、アメリカ新規失業保険申請件数
  • 3日(金) アメリカ雇用統計・ISM非製造業指数

今週は月初めの雇用統計ウィークです。これだけ相場が一方的に進んだ後なので、こういった重要指標が転換点になる可能性もありそうです。ちなみに中国は国慶節で水曜日から球場となります。

FXチャートを見てみよう!

それでは、主要通貨の対ドルチャートを見てみましょう。

USD/JPY

日足ですが、上にある黄緑のラインは110円です。この大きなバリアを意識しての攻防戦となりそうです。突破した時にはかなり大きく動きそうなので、110のラインをまたぐ瞬間にはしっかりポジションを持っておきたいところ。アベノミクス相場以降、こういった大きな壁は早々に突破してきたような記憶があるので、強気に行きます。

f:id:hosshy1225:20140929234541p:plain

EUR/USD

TDシーケンシャルの↑が点灯していますが、これだけ一方的な相場ではあまり役に立たないですね。明らかに反転するまではしっかりホールドしておくしかないでしょう。

f:id:hosshy1225:20140929234547p:plain

週足で見ると、昨年7月の安値を割っています。まだまだ進みそう。

f:id:hosshy1225:20140929234549p:plain

GBP/USD

フィボナッチの38.2%まで反発した後、下落再開の形です。

f:id:hosshy1225:20140929234618p:plain

週足で見ると、ちょうど半値戻しあたりで反発したようにも見えます。上下どちらへ行ってもおかしくない形でしょうか。

f:id:hosshy1225:20140929234621p:plain

AUD/USD

こちらも一方的に下落。下に見えてきた黄緑のラインは?

f:id:hosshy1225:20140929234622p:plain

今年1月の安値でした。ここ4年来の最安値でした。ここを割ってくると、さらに大きく下値余地が広がります。

f:id:hosshy1225:20140929234624p:plain

NZD/USD

先週は節目だった黄緑ラインを突破したと思ったら、下にはさらにもう一つの節目。

f:id:hosshy1225:20140929234701p:plain

週足を見ると、次々と重要な節目を突破していることがわかりますね。

f:id:hosshy1225:20140929234703p:plain

USD/CAD

これまで見てきた通貨ペアとはガラリと景色が違うのがカナダドル。ようやくドルが高値ブレイクしましたが、まだまだ初動。

f:id:hosshy1225:20140929234705p:plain

週足を見ると分かりますが、高値も抜けていません。

f:id:hosshy1225:20140929234707p:plain

今週のオススメ通貨ペア

やはりドル円が110円を突破するところを狙いたいですね。かなり一方的に来ていますが、反転を確認するまでは順張りの方針です。

それでは、今週も頑張りましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)