有名海外FX業者アルパリUKが一夜で破綻するほどのスイスフランショックの影響とは!!

マーフィーのメンタルトレードEブック・DVD
この記事の所要時間: 256

個人トレーダー悲喜こもごも

昨日のスイスフランの上限撤廃によるパニックから一夜明けまして、ネットでいろいろと各所の反応を見回っておりましたが、やはり個人トレーダーは甚大な影響を被った方も多かったようです。


中には気づいたら資産が億を越えていたなんて人もいたようですが、全ポジション強制決済に加えて多額の追証を抱えてしまった、なんてまったく笑えない話も多数見受けられました。FX口座を開く時点で、こういった事態が起き得ることは承諾しているはずなので、追証は借金と同じく払わなければなりません。大損した方々はどうにかして再び相場に帰ってきて欲しいものです。

アルパリが破綻だと!?

そんな中、驚きの一報が……。

平素よりアルパリジャパンをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
下記のとおり、本日1月16日付けで当社の親会社およびカバー先であるアルパリUKより
以下のアナウンスがございましたことをお伝えいたします。

「スイス国立銀行が対ユーロでの上限を撤廃したことにより、スイスフラン関連の
通貨ペアを中心に相場が大きく変動、また流動性の低下が生じました。
その影響により多くのお客様が有効証拠金を上回る損失を被りました。
お客様が損失をカバーできない場合、当社に引き継がれます。
その結果、アルパリ(UK) Limitedは本日(2015年1月16日)をもって破綻致します。
お客様の資産はFCAの規定に基づき引き続き当社の資産とは分別して管理されております。

アルパリといえば、世界でも有数のFX業者。日本にも進出しており、私も口座を持っています。
顧客が証拠金以上の損失を被り、業者が追証を回収できずに損失を肩代わりすることが原因ですね。小さいところはヤバいかなと思っていましたが、まさかアルパリほどの業者が一夜で破綻するとは……言葉を失うばかりです。
ほかの業者も同じように損失を被っているはず。調べてみると、やはりニュースになっていました。


FXCM株は暴落しているようですし、HPにアクセスできなくなっている海外業者もいくつかありますね。海外から足を洗っていてよかったです。

日本のFX業者は?

日本の業者のHPを見てみますと、どこも比較的落ち着いている様子。損害がいくらとはさすがに発表されていませんが、破綻するほどのことではないのでしょう。
上場しているFX専業会社の株価を見てみましょう。

  • マネーパートナーズグループ <8732> -6.32%
  • マネースクウェアHD <8728> -7.2%
  • FXプライムbyGMO <8711> -5.05%

全体が下落していますし、たいした下げではありません。とくに海外業者とは比べものになりませんね。

原因として考えられるのは、

  • スイスフランの取引量が少ない
  • レバ25倍のおかげ

ってことでしょうか。

ただし、海外業者の日本法人についてはちょっと厳しいようです。
アルパリジャパンについては、ポジションはすべて強制決済。新規エントリー禁止、入金・口座開設も一切中止。資産はすべて信託保全の対象、とのこと。今後の対応については決まり次第改めて……だそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)