【今週の為替注目点】ギリシャのユーロ離脱へ向けた正念場となる重要会合に注目せよ!

WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution
この記事の所要時間: 211

こんばんは、ポゾです。

先週からユーロ圏で重要なイベントが続いています。ウクライナでの停戦協定がありましたが、本当に停戦するのか……。ギリシャは何度会合しても合意せず、月末の期限までに進展するのか……。とにかく波乱含みなので、リスク管理には注意しましょう。

 今週の重要スケジュール

  • 16日(月) ユーロ圏財務相会合
  • 17日(火) 独ZEW景況感指数
  • 18日(水) 日銀金融政策決定会合、英失業率・MPC議事録、米鉱工業生産・FOMC議事録
  • 19日(木) 米新規失業保険・フィラデルフィア指数
  • 20日(金) ユーロPMI、英小売

中央銀行系が水曜日に集中しています。これを書いている今まさにユーロ圏財務相会合が始まっています。この結果次第で動き出すのかもしれませんが、月末までにギリシャ支援に関して合意しなければならないので、次第に乱高下しそうです。

FXチャートを見てみよう!

それでは、主要通貨の対ドルチャートを見てみましょう。

USD/JPY

レジスタンスをブレイクしましたが、120を突破したところで不自然に押し戻されました。このまま下にブレイクすればブレイクアウトフェイラーになって強力な売りサインですが、もうしばらく様子見でしょう。

f:id:hosshy1225:20150216233125p:plain

EUR/USD

ドル独歩高の流れが修正されつつあり、調整中です。ギリシャネタが穏やかに終われば結構な値幅の戻しがありそうですが、どうなることやら。

f:id:hosshy1225:20150216233333p:plain

GBP/USD

逆三尊から反発、トレンドラインも突破して一目均衡表の雲に突入しています。注目すべきはチャート下部。ディナポリチャート用のパラメータのMACDなんですが、0を越えてプラスになっています。なんと、これがプラスになるのは去年の7月以来!

f:id:hosshy1225:20150216233517p:plain

AUD/USD

こちらも反発中ですが、他に比べると反発力は弱い方。

f:id:hosshy1225:20150216233713p:plain

NZD/USD

半値戻しを達成。反発を狙うなら、キウイがオススメでしょうか。

f:id:hosshy1225:20150216233819p:plain

USD/CAD

こちらもドル高が修正される動きです。原油も反発中なので、このペアのショートも面白そうです。

f:id:hosshy1225:20150216233918p:plain

今週のオススメ通貨ペア

今週はイベントを見極めながらどこを狙うかを決める必要があります。

まずギリシャ関連次第! まったく合意しそうにないならば、ユーロはどこまでも売るべき。もうテクニカルとか関係ないでしょう。

逆に楽観できそうならば、ドル高に対する調整局面がメインのトレンドになりそう。キウイやポンドをロングしてドルを売るのがベストだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)