【今週の為替注目点】管理人独自の『ハイブリッドBBチャート』で今週の為替チャートを検討しよう!

マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム
この記事の所要時間: 325

こんにちは、ポゾです。

3月になって随分と暖かくなってきましたね。月が変わるとすぐに雇用統計があります。季節感に浸っている暇もありません。

さて、いつもこのコーナーではディナポリチャートで各チャートを見てきましたが、今週から趣向を変えて、『ハイブリッドBBチャート』を使ってみたいと思います。

「なにそれ?」とお思いでしょうが、私が独自に研究している手法でして、まだどこにも出回っておりません(研究ってほど大げさなものではないですが)。このブログの独自性を出していくためにも、ガンガン紹介していきたいと思っています(ホントにたいしたものではないですが)。

今週の重要スケジュール

  • 3日(火) 豪RBA政策金利、独小売
  • 4日(水) 豪GDP、米ADP雇用統計・ISM非製造業指数・ベージュブック
  • 5日(木) 豪小売、英BOE政策金利、ECB政策金利、米新規失業保険
  • 6日(金) 米雇用統計・貿易収支

もちろん最重要なのはアメリカ雇用統計ですが、豪ドルも毎日のように何かしらの指標があるので侮れません。

今週のチャートをハイブリッドBBチャートで検討

それでは、主要通貨の対ドルチャートをハイブリッドBBチャートで見てみましょう。ハイブリッドBBチャートの解説は専用ページにまとめます。

USD/JPY

大バンド小バンドともにスクイーズしている状態で、方向感もありません。ブレイクした方向についていくのが基本です。上値ブレイクしそうなチャートですね。

f:id:hosshy1225:20150303111654p:plain

EUR/USD

大バンドが広がったまま下落中なので、下降トレンド。小バンドがスクイーズしており、下にブレイクしています。ここはショートエントリーするポイントです。

f:id:hosshy1225:20150303111707p:plain

GBP/USD

大バンドは広がって下落しているので、下降トレンドです。2週ほど前にスクイーズした小バンドを上にブレイクしていますが、トレンドに反するのでエントリーはしません。結果として上に動きましたが、今はこれ以上上げないでしょう。広がって下落中の大バンドを上にブレイクすることは滅多にありません。大バンド+2σ近辺が逆張りショートのポイントとなります。

f:id:hosshy1225:20150303111721p:plain

AUD/USD

大バンドが広がって下落中なので、下降トレンド。小バンドはスクイーズしているので、下にブレイクしたらショートするところです。ただ、上のユーロやポンドとは違って、位置が中途半端なので注意が必要です。ちなみに赤い実線はけっこう上から引いてきたトレンドラインですが、まだしっかり生きています。

f:id:hosshy1225:20150303111730p:plain

NZD/USD

ちょっと難しいのがこちら。少し前に大小バンドのスクイーズ&ブレイクが発生していますが、大バンドのミドルラインまで戻しています。大バンドは方向感が出るまでには至っていません。これは大バンドミドルまで調整して再び下に行くパターンか、ブレイクに失敗したパターンのどちらかです。見極めながら慎重に行く必要がありますが、基本は戻り売りのポイントとなります。

f:id:hosshy1225:20150303111739p:plain

USD/CAD

ユーロや豪ドルをひっくり返したような感じです。大バンドは広がって上昇しているので、上昇トレンド。小バンドはスクイーズしているのでエントリーは近いです。まだユーロのようにブレイクしていない場合、上にブレイクするのを待ってロングする方法と、-2σまで下がるのを待って押し目買いする方法があります。

f:id:hosshy1225:20150303111748p:plain

以上がハイブリッドBBチャートでしたが、すべてパターン化してしまうことで勝ちパターンを明確にするのが狙いです。こうしてみると、パターンなんていくつもないことが分かります。

今週はやはり雇用統計などの重要イベントを控えているので、短期的には揉み合いになっている通貨が多いです(ドル円・ユーロドル・ドルカナダなど)。このあたりはイベント後にブレイクして大きなトレンド方向に走り出したのを狙うのがベストだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)