【今週のタートルズトレード】トレンドフォローとダイバージェンスが同時に貴金属の買いシグナル、メタル相場の到来か!!

10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD
この記事の所要時間: 414

こんにちは、ポゾです。先月末に引っ越しをしておりまして、バタバタして更新間隔が空いてしまいました。今後はしっかり更新していく所存です。
さて、あいかわらず不安定な相場が続いております。1月のリスクオフ相場は底打ちして反転すると思いきや、二番底を探りに行きそうな予感も漂ってきました。

まず、ルールは下の記事で。1R=4万円で運用しています。

サラリーマンや専業主婦でも簡単にヘッジファンドのようなトレードができるトレンドフォロー戦術の売買ルールとは?

2014.07.06

今週のトレンドフォロー戦術の結果

決済したポジション

前回記事を更新した1月5週から2月1週のトレード戦績です。決済したのは↓のとおり。

銘柄 売買 ポジション数 エントリー日 決済日 損益R倍数
AUD/USD 3 1/7 1/27 -0.3
NZD/USD 1 1/20 2/3 -0.5
EUR/USD 2 1/6 2/3 -0.9
ダウ30 2 1/7 1/29 +0.7
ガソリン 4 1/7 1/28 +0.2
4 1/8 1/26 -0.8
プラチナ 2 1/19 1/26 -1.1
小麦 2 1/5 1/26 -0.9

ダウ30とガソリンが辛うじてプラスになったものの、それ以外は損失ばかり。これらは為替も商品も、一時は含み益がかなり積み上がっていただけに残念な展開です。トレンドが穏やかに収束してくれると利益になりやすいのですが、反転期に乱高下を伴うとこういった展開になりやすいです。あと、急激なリスクオフ相場でトレンド期間が短かったのも一因でしょうか。
それでも、今年から採用した新ルールによって、ポジション数に制限をかけておいたのが役に立ったかも。EUR/USDなんかは最大ポジション数が2だったので、被害が最小に食い止められました。

保有中のポジション

銘柄 売買 エントリー日 ポジション数
EUR/USD 2/4 3
1/27 3
2/4 3

さて、年始になって持ったポジションは総入れ替えとなり、反対側のポジションを持つことになりました。長いことユーロ売り・商品売りがメインでしたから、反対にポジるのは新鮮な気分ですね。

年間累計損益

f:id:hosshy1225:20160210150710j:plain

損益状況としては、いつものように損失をコツコツ積み上げていく展開です。

今週のダイバージェンス戦術の結果

さて、ここからは新コーナーです。今年からの変更点としてポジション数制限というのを発表しておりましたが、今回はもう一つ。ダイバージェンス発生で逆張りする、という戦術も平行して行います。これによって、トレンドの反転期に含み益を大きく減らしてしまうという難点を改善できれば、と思います。

決済したポジション

銘柄 売買 エントリー日 決済日 損益R倍数
パラジウム 1/21 1/28 -0.1

手はじめにパラジウムにサイン点灯しましたが、ほぼ同値で撤退でした。

保有中のポジション

銘柄 売買 エントリー日
プラチナ 1/26
1/25

f:id:hosshy1225:20160210152741j:plain

うまく行っているプラチナを例にチャートを見てみましょう。価格は11月の安値を更新していますが、MACDは逆に高いところで反転しています。マイルールでは緑のライン(5*7DMA)を上抜けて引けたところでエントリーです。
ご案内のように、プラチナはトレンドフォローではブレイク失敗で損失に終わっているのですが、反対方向のトレードで損失を減らすのが目的です。ちなみに、このプラチナのチャートではロングでトレンドフォローの条件を満たしているのでトレンドフォロー戦術で追撃してもいいところですが、すでに金と銀を買っているので自重しました。
この手法について詳しくは、↓で。投資苑のエルダー博士の電子ブックです。これをアレンジして自分なりのルールにしています。

以上のように、トレンドフォローで金と銀が上にブレイク。プラチナや銅は下のブレイクに失敗してダイバージェンス発生からの買いとなっています。貴金属が熱いメタル相場の到来でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)