【資金管理】ポジションサイズ計算エクセルシート【無料プレゼント】

この記事の所要時間: 415

ポジションサイズ計算シート無料プレゼント!

さて、今日は趣向を変えて特別企画。トレード手法以上に重要とも言われる資金管理に必須のポジションサイズを計算するためのエクセルシートを無料でプレゼントします!
とくに裏はありません。ブログのパワーアップを図るため(というかマンネリ打破ですな)の太っ腹企画です。実は1年以上前に思いついていたんですが、面倒で放置しておりまして……。

このエクセルシートは、「こういうものがネットでどこかに落ちてないかな?」と思って探したのに見つからなかったので、面倒だけど仕方なく自分で作ったものです。それだけに、よそではなかなか入手できないと思います。
なぜこのようなシートのニーズが無いのかというと、それだけ資金管理とかポジションサイジングに対する関心が薄いってことですよね。「資金管理が重要だ」って聞いたことがあるけど、実践している人は少ないのかもしれませんね。

ポジションサイジングとは?

まず、ポジションサイジングについて簡単におさらいしましょう。
ポジションサイジングとは、読んで字の如しですが、ポジションの大きさを決めるということです。皆さんトレードする時には、だいたい下記の順で決定すべき事項が並んでいると思われます。

  1. 通貨ペア
  2. ロングかショート
  3. エントリーのタイミング(または価格)
  4. どこで利確・損切りするか
  5. ポジションサイズ

このうち最後の5については、あまり重要視されていないのが現実だと思います。だいたい資金総額に応じて固定lotにしている人が多いのではないでしょうか。このステップは、資金管理の手段として非常に重要な役割を果たすステップなのですが、日本ではあまり重要視されていませんね。

日本では正しい資金管理を教えてもらえない

「資金管理」が重要だということは、なんとなく聞いたことがあると思います。簡単に言うと、資金が底を突いて退場するのを防ぐため、「レバレッジをかけすぎないように」とか「ちゃんと損切りしましょう」とか、初歩的な心がけ程度の内容しか耳にしません。

資金管理をするために何をやればいいのか、日本ではなかなか教えて貰えません。
なぜ“日本では”と強調するのかというと、日本でFXの専門家として登場してくる人々は、ほとんどが“元インターバンクディーラー”という肩書きの人たちです。あの人たちは湯水の如く溢れてくる他人の金を使ってトレードしていた人たちであって、我々一般的なトレーダーのように限られた資金を使ってトレードをしていたわけではありません。彼らが教えてくれるのは方向性や手法ばかりで、資金管理については教えてくれません(というか知らないでしょう)。結局は、心がけ程度の話しかできない人たちが情報の発信源となっていることが問題なんですね。

f:id:hosshy1225:20140516140734j:plain

某投資関係のラジオを聞いていて、実際に元インターバンクディーラーみたいな人が言っていたのを聞いたことがあります。

  • 「ポンド円は値動きが荒いから気をつけましょう」
  • 「今日はボラティリティが高いのでキウイ円あたりで安全に……」
  • 「損失を抑えるためにストップを近めに置きましょう」

こんな間違ったことを堂々と言う人たちが専門家として偉そうにしているって、もう笑うしかありません。
上記の問題は、すべてポジションサイジングで解決するものです

正しい資金管理のためにはポジションサイジングが必須

資金管理の第一歩として、あらかじめ損失額を決めておくことが重要です。同じ売買ルールなのに、値動きの荒いポンド円だと損失が大きくなるとか、ストップの位置で調節するとかはあり得ません。
あらかじめ資金総額に応じて1トレードあたりの許容損失額を決定しておき、ストップまでの距離や通貨ペアのボラティリティに応じてポジションサイズを調整することこそ資金管理のファーストステップとなります。あらかじめポジションサイズを固定してしまうことが間違いの原因となります。

ポジションサイジング専門の翻訳本↑もありますが、日本では円に換算するステップが一つ増えて面倒になります。

ポジションサイズ計算シートのダウンロード

下記のボタンでDLマーケットさんからダウンロードできます。無料なので、ご安心ください。周りではいろんな詐欺商材が売られていますので、寄り道注意です。

カートに入れる
無料ですが、せめて励みになるので、ブログランキングにポチっとしていただけるとありがたいです。
シートの具体的な使い方は、次回の記事に書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)