ドル円まさに崖っぷち……円高のターゲットは1ドル100円? いや、若林栄四氏「65円」!!!

FXミッションゼロマニュアル完全版
この記事の所要時間: 450

こんにちは、ポゾです。めっきり春らしくなった3連休ですね。初日は残念ながら雨でしたが、日曜からは行楽日和のようです。我が家ではドラえもんの映画を観に行く予定です。

ところで、先週のFOMCを通過したところで相場はドル安方向に動き出しましたね。それに伴って円高が進行しておりますが、今月はすでに雇用統計も日銀も終わっているので、流れを一変させるようなイベントも無し。このまま円高は止まらない流れなのではないかと思っています。
今日は、ドル円チャートを見ながら、いろんな意見を整理してみようかと思います。

レインボーチャートでみるドル円

今日紹介するレインボーチャートは、今度じっくり紹介しますが、最近私が使うようになったチャートです。ただGMMAをアレンジしただけですが、トレンドが非常に把握しやすいので気に入ってます。

4時間足

スイングで見ているのが4時間足です。縦の点線が一週間の区切りなので、一画面で2ヶ月ほどが見渡せます。

f:id:hosshy1225:20160319224407j:plain

画面の左端で盛り上がっているのがマイナス金利導入の発表があった日。即反転してトレンドが逆転、一気に下向きのレインボーが広がっていきます。

2/11(①)と2/24(②)で110円台にトライしつつも失敗して反転。それ以降はリバウンド局面となり、着実に下値を切り上げていく展開となりました。②④⑤を結ぶトレンドラインにサポートされて上昇トレンドを思わせますが、上値は切り上げられずに持ち合い状態。よく見ると、レインボーの赤の帯はしっかりと太い形状を保ったまま、つまり下降トレンドは継続中。そこを突破することはできずに、FOMCをきっかけに一気に下落しました。

初動で②④⑤の上昇トレンドラインを突き破ると、③④と2度にわたって跳ね返してきた112.27あたりの壁を突破、そして、肝心の111.0の壁にトライしました。

現在は下ヒゲとなって粘ったままの状態で週引け。チャート的にかなり重要なところで週をまたいでしまいました。

ここで重要なのは、月曜日が祝日だということ。日本市場が薄くなるので、下に攻められやすい。2/11だかも祝日で大きく動きましたよね。
また、3月は年度末ということで円高に動きやすい、いわゆるリパトリエーションの季節。条件は揃っています。

月足でみる長期のドル円

日頃は滅多に見ることはない月足です。
f:id:hosshy1225:20160319232816j:plain

日頃レインボーチャートを見ていると、どの時間足で見ても、だいたいトレンドの形は同じだということに気付きます。
この月足の形を見ていると、2007年6月の124円から2011年10月の75円台に至る流れはしっかり下降トレンドが形勢されていますが、そこから2015年に125円台まで上げたのは上昇トレンドではなく、下降トレンドの巻き返しであることがわかります。基本的に、トレンド自体が入れ替わる時(レインボーのツイスト)というのは、一気に下降から上昇へと変わることはなく、一旦調整を経て再上昇するのが一般的。ツイストが生じた後は、ねじれの中心まで調整することが多いので、103.5くらいまで下げるのではないかと思っています。むしろ、その方が今後上昇トレンドを作りやすくなります。

ちなみに、私はデイトレでもこのツイスト後の調整をサインにトレードしています。ちょうど金曜日のトレード例があったので、チャート貼っておきます。

f:id:hosshy1225:20160319234122j:plain
これは3/18金曜日のEUR/GBPの30分足。ツイスト後に調整(Laguerreというインジケータ)し、再び下落開始(足が虹から出たところ)したところでエントリーです。けっこう勝ちやすいパターンだと思います。

専門家の意見

エリオット波動から

私が好きなエリオット波動の専門家・三菱UFJモルガン・スタンレー証券の宮田直彦さんのレポートからは、100円近辺がターゲット。

今年5月にかけての(B)波は、1ドル=100.82円をみにいくだろう。(A)波の第5波目(13年10月の96.57円が起点)は延長(エクステンション)しているが、このような場合には、調整(ここでは円高)は延長が始まった水準へ戻るとされる。第5波の延長が始まったのは2014年5/21の1ドル=100.82円であり、これが(B)波ターゲットとして適当である。

レポートは誰でも無料で読めますので、下記リンクから覗いてみてください。

大人気のW氏

この大先生の人気ぶりは、当ブログのアクセス数にも現れております。以前紹介した時の記事は、多くの方にアクセスしていただきました。

2012年2月のドル円の歴史的な反転をピタリと言い当てたことで有名な元ディーラー、いや、大予言者のW先生が、タイミングよく今月、本を出版されました。

早速購入して読んでいるところなので今度レビューを紹介しますが、またしてもとんでもないことを予言されています。

な、なんと……65円まで行くだと!!!

先日、東洋経済でもインタビューされていたので、その記事を貼っておきます。

そんなわけで、ドル円は重要な局面入りしておりますので、しっかりチャンスをゲットできるように頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)