EA自動売買週間成績

再開後の自動売買は好スタートに成功!/FX自動売買週間成績2016年04月1週

この記事の所要時間: 226

 

f:id:hosshy1225:20140516140439j:plain

 

こんにちは、ポゾです。桜が満開でキレイですね。

再開したばかりのEA自動売買は、好スタートを切っています。まだ一つしか稼働していませんが、これから増やしていきたいと思っています。

 EA自動売買週間成績

WallStreet Forex Robot

WallStreet Forex Robot

運用条件

2000ドルスタート。TitanFX Blade口座。

おまけで付いてくるWallStreet ASIAとWallStreet Recovery PROも含めて、一つの口座で3つまとめて運用しています。発表するのが遅れましたが、運用開始は3/14です。
稼働する通貨ペアと設定リスクは下記のとおり。

WallStreet Forex Robot:EUR/USD,GBP/USD 3.0%(デフォルト設定)
WallStreet ASIA:GBP/USD,USD/JPY,EUR/CHF,GBP/CAD 2.0%(デフォルト設定)
WallStreet Recovery PRO:EUR/USD,GBP/USD 1.0%(デフォルト設定)

低リスク長期運用がコンセプトですので、ご覧のように、推奨通貨ペアのみの低リスク設定。

運用成績

myfxbookにて、完全公開中です。下のチャートをクリックすれば、詳しい分析がご覧になれます。

f:id:hosshy1225:20160403224252p:plain

 

勝率80%でコツコツ積み重ね、3/14から2週間で3.63%の資産増加。どのEAも堅実に実力を発揮できていたと思います。

ペア別に見ると、USD/JPYが2勝1敗ながらもマイナスでしたが、それ以外は全てのペアがプラス。とくにGBP/USDは活発に動いて、63.39pips稼ぎました。

気になるのは、-12%のドローダウンがあったこと。グラフではオレンジのEquityラインが一度大きく下に振れていますが、それは大きめの含み損があったということです。これはRecovery PROの仕業で、基本的に損切りしないで持ち続けることになります。

f:id:hosshy1225:20160403230021p:plain

これだけで破綻しないようにリスクを1%と低く設定してはいますが、12%程度のドローダウンでもけっこうなストレスでした。自動売買なんだから一切見ないのがベストなんでしょうが、まあ、今回は逃げられたので良かったです。

EAの紹介はこちら↓

ちなみに、WallStreet Forex RobotのようなスキャルピングタイプのEAは、低スプレッドのブローカーでの運用が推奨されています。とくにASIAのような早朝タイプは、ブローカーによっては時間帯によって極端にスプレッドが広がり、とても使い物になりません。
私は業界最狭スプレッドを掲げるTitanFXのBlade口座を使っています。今のところ早朝スキャルピングも順調です。

titanFx

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)