大地震とFX

WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution
この記事の所要時間: 826

こんにちは、ポゾです。

熊本地震の被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。まだ余震が続いているようなので、くれぐれも用心してください。

つい先日、東日本大震災から5周年を迎えたばかりですが、今日は5年前の経験をもとに、為替相場に対する影響を考えてみましょう。

 大地震の時、為替相場はどう動くか

東日本大震災の時は大きく円高に動いた後、協調介入によって円安に

2011年3月のドル円チャートを見てみましょう。地震があった11日から3日で5円ほど下落しました。80円時代の5円幅ですから、今の5円とは訳が違います。しかも、当時はドル円といえばあまり動かないことで有名でしたから、この値動きには相当なインパクトがありました。

f:id:hosshy1225:20160417172220p:plain

上のチャートでは、80円割れの大きな動きを見せたのが16日、陽線を付けて切り返しているのが17日となっていますが、16日はニューヨーク市場が引けた後のオセアニア時間で大暴落し、その後すぐに買い戻されました。つまり、この2本の足の動きは、日本の早朝の2時間ほどの短時間での出来事でした。多くの日本人にとっては、朝起きたらとてつもなく長い下ヒゲが出来ていただけでした。

大地震は円高要因なのか?

では、「大地震=円高」と短絡的に結びつけるべきではないと思います。下のチャートは2011年2月のNZD/USDチャートですが、2/22のニュージーランド地震の時は大きく下落しています。つまり、地震→現地通貨売りとなりました。これはごく自然に考えられていたことで、日本でも地震が来れば円安になると思われていました。

f:id:hosshy1225:20160417173941p:plain

その証拠に、東日本大震災の時も直後は大きく円安に動きました(データがなかったのでチャートは割愛しますが)。

なぜ日本では円高になったのかはいろんな説がありました。

  • 保険会社が保険を支払うために海外資産を円転するから。
  • 日本は貿易黒字国だからニュージーランドとは違う。

なんて、いろいろ言われましたが、結局はすべて根拠のない後出しじゃんけん。その理屈が分かっているなら、地震直後から円高にならないとおかしいでしょう。地震が起きる前は一切そんな話はなかったし、ニュージーランド地震を引き合いに円安になるって本当に言われていたんです。

結局、地震で為替相場がどちらに動くかはわからない。というのが正解です。

東日本大震災後の円高の原因

なぜ東日本大震災後は大きく円高に動いたか。その答えはいたって明解です。

それは、元から円高トレンドだったから

しかもこの時は史上最高値更新を思わせる歴史的超円高トレンドでした。さらに、この時は80円のラインを国が絶対に死守するという強い意志を見せていました。

もうちょっと長めに見た当時のドル円チャートです。

f:id:hosshy1225:20160417184901p:plain

歴史的円高トレンドが止まらずに80円目指して一直線の時、2010年9月には単独介入が行われました。それでも結局トレンドは変わらずに売り込まれましたが、口先介入やら覆面介入やら謎の買い支えが行われて80円は3度にわたって死守されました。ここを割れば国が再び介入してくるのが当然とも思われており、なかなか売り方も動けない状況。ここで国の介入姿勢を味方につけて、80円の下にストップを置いた買いポジションが膨れあがっていきます。これは、2015年のスイスフランショックとかなり似た状況になっていました。

この80円の壁は非常に厚く、なかなか崩せそうにありません。そんな時に起きたのが東日本大震災でした。売り方にとってはチャンス到来。地震を口実に一気に売り崩せば80の壁を突破できるじゃないか、と。その売り仕掛けは、ニューヨーク市場の後、参加者の少ない薄い時間帯に行われました。まんまと壁は崩れ、大量のストップ注文が発動して一気に3円以上の大暴落……となりました。

つまり、地震による円高というよりは、地震を口実に売り仕掛けが行われた結果でしかないのです。ほとんどの人はそれが地震によるものであると思い込んでいますが、それ以前からずっとFXやっている人にとっては、円高トレンドが続いていただけのことでした。前年に単独介入があったせいで市場の動きが不自然になっていたのは要因の一つ。崩れ方はスイスフランの時と似ていましたね。

熊本地震は今後の相場への影響は少ない

さて、気になるのは熊本地震の影響ではありますが、地震の影響で円高になると言っている人たちは、東日本大震災後の円高が純粋に地震の影響だと思い込んでいる人たちだと思います。その前後の流れが考慮されていません。

私が思うに、熊本地震は為替相場にあまり影響しないと思います(株の下落に釣られるリスクオフの円高はある)。なぜなら、すでに織り込まれているから。

関東人の私は、地震が起きた時はFXのチャートは見ていましたが、テレビをつけていなかので地震が起きたことは気付きませんでした。つまり、地震はチャートを大きく動かしてはいません。

東日本大震災はチャートに織り込まれなかった

東日本大震災の時は、材料として織り込まれなかったことに今回との最大の違いがあります。2011年3月11日は金曜日で、その週末には被害状況がまったく報道されませんでした。しかも原発事故まで起きてしまいます。震災翌週の時点では、「たいした被害ではない」から「日本壊滅的、東日本には人が住めなくなる」までまったく不透明な状況だったので、ヘッジファンドによる売り仕掛けの絶好のタイミングとなったわけです。とにかく、市場は不透明を嫌いますから。

要するに、今回の熊本地震を東日本大震災と比べること自体がまったくのナンセンスなのです。

それでも円高トレンドは変わらず

さんざん地震が為替相場に影響はないと主張した挙げ句ではありますが、今後は円高に動くと思います。

なぜなら、地震の前からずっと円高トレンドだったからです。

↓は現在の4時間足レインボーチャートです。

f:id:hosshy1225:20160417223208p:plain

いったん調整してから再下落を始めたのが地震が起きた15日のことではありますが、ただ地震の影響で下落したとは思えません。一週間前には地震もないのにもっと下まで落ちているんですから。

チャートはきれいなままです。地震とは関係なく、もっと下がると思っています。

あくまで私の相場観ですが。

介入はあるのか?

気になるのは、東日本大震災の時も行われたように、今回も為替介入があるのか、という点。基本的には、下記の点を理由に、G7による協調介入はないと思います。

  • 被害のケタが違う。
  • 5円も暴落するような無秩序な乱高下がない。
  • 歴史的な円高水準ではない。

さすがに円高とは言っても、2年前に通ってきた道を引き返しているだけですから、2011年とはまったく状況が違います。外国の理解が得られるはずがないので、協調介入はないでしょう。

ただし、単独介入の口実にはなるので、安倍政権が単独介入に踏み切る可能性は否定できません。

「おいおい、何やってんねん!」

「だって、大震災からの復興のためには仕方ないじゃないスか!」

……のように、そう言い張ることはできるからです。地震の前からずっと介入したかった政権にとっては、チャンスと思っているかもしれません。

大災害の時にFXをやるのは不謹慎なのか

今日のニュースでは、ホリエモンがバラエティ番組の自粛に対してどうこう言っているという記事がありました。

ホリエモン、ネットTVの「自粛ムード」にイライラ 「おめーらが自粛したところで被災者が助かる訳ではない」 : J-CASTテレビウォッチ

賛否はいろいろあると思いますが、私の考えを少々。

東日本大震災の翌週、民放の人気ラジオ番組を聞いていたんですが、株式市場の大暴落のニュースに対して人気ラジオパーソナリティが「まったく大災害を利用して金儲けしようとしている人がいて不謹慎だ」などと言っていました。これはとくに高齢者にとっては一般的な考え方でしょう。

あの時はそもそも証券取引所を開かない方がいい、なんて議論もあったくらいです。パーソナリティにとっては東証が開いているということが、パチンコ屋が営業しているのと同じくらいにしか思えないのでしょう。

大災害だから証券取引するな、というのは、怪我をして出血がひどいから心臓を止めてしまうのと一緒です。資本主義経済にとって株式や為替の取引は血液の循環に等しいです。これを止めてしまってファンダメンタルズをブラックボックスの中に入れてしまっては、資本主義とは言えません。

投資家にとって、投資は経済活動です。専業でも兼業でも同じこと。どんな状況であっても自身の経済活動を自粛する必要はありませんし、災害によって暴落した市場で空売りして利益を得ることも悪いことではありません。むしろ、当然の行いだと思いますし、ここで利益を追求すべきです。

ラジオパーソナリティがラジオで喋っているのも、それはその人の経済活動です。別にボランティアでやってるわけではありません。「なんで自分はやってるのに、他人のは非難してるんだろう?」なんて憤りを感じたものです。

堂々とトレードしましょう。そして、被災地のためにやるべきことはやる。利益の一部を寄付するとか、負けた時は「もっと負けたつもり募金」をしてもいいでしょう。自粛からは何も生まれません。

2 件のコメント

  • 3.11 は、円の高騰前から、円高って言われていましたよ。普通に考えたらわかるはずです。

  • マルサさん
    コメントありがとうございます。
    地震が起きる以前から、「もし大地震が起きたら円高になる」って言われてたってことですか? 311以前のもので、そういった記事がありましたらご教示いただきたいものです。
    記事のとおり、少なくともNZ地震を引き合いにして「地震→円安」が定説だったと記憶しておりますが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)