相場日記

大波乱必至のイギリス国民投票は平日のザラ場! 勝負するなら海外のゼロカット業者で!

この記事の所要時間: 459

こんにちは、ポゾです。未明のFOMCと先ほどの日銀金融政策決定会合は無事通過しましたね。これで次はいよいよ来週23日のイギリス国民投票です。昨年もスコットランド独立の国民投票というのがありましたが、予想通りに否決されてたいしたイベントにはなりませんでした。

ところが、今回はスコットランドの時とはケタ違いのイベント。しかも、前回同様に結果が判明するのは24日(金)の日本時間午前中。だいたいこういうイベントは週末に行われて月曜に大きく窓を開けて始まるパターンが多いのですが、平日ザラ場でフルに参加できる機会はかなり珍しいです。

参加するも参加しないも、しっかり予習しておきましょう。

 BREXIT(EU離脱) or  BREMAIN(EU残留) ?

いまなぜEU離脱したいのか?

EUについては中学あたりで習ったと思いますが、欧州が連合体となることによる経済的メリットは計り知れませんでした。域内を人や物が活発に移動することが可能になることで、経済が活性化してきました。いまイギリスがEUを離脱するということは、相当な経済的損失を被ることになります。さらに問題は経済だけでなく、外交や安全保障の面にも及びます。

それなのに、あえて離脱を問うのはなぜか。それは、主に移民・難民問題です。EUに加盟している以上は、移民や難民を受け入れざるを得ません。移民のせいで伝統文化の喪失や、労働者の大量流入による失業リスクの増加といった問題が顕在化しているため、これを制限するためにはEUを離脱するしかないのです。

世論調査では五分五分?

スコットランド独立の国民投票の時と同じで、EU離脱に関しても楽観視されていました。離脱による経済的損失のことを考えると、とても賢明な選択とは思えないからです。しかし、投票が近づくに従って離脱派が増えていき、いまでは五分五分(もしくは離脱有利?)と言われています。

離脱した場合の値動きは?

投票の結果、離脱が決まった場合のマーケットへの影響は、かなり甚大なものになると想定されています。そもそも楽観視していたマーケットは、離脱を十分に織り込んでいません。ポンド・ユーロ・イギリス株はもちろんのこと、世界的にリスクオフの展開となるでしょう。日本でも株は売られ、退避資産である円が買われることになります。

イギリスが離脱した場合、ほかの加盟国でも離脱の是非が問われるようになります。そして、実際に離脱するようなことがあれば、EU自体が崩壊の危機に立たされることになります。イギリス・ヨーロッパだけの問題でないことは容易に想像できますね。

BREXITの場合、初動だけでポンドは20%下落するなんて記事がありましたが、そのとおりなら120円程度まで暴落することになります。

逆に、BREMAINの場合、上に20%飛ぶようなことはないと思います。上述のとおり、マーケットは楽観視していたため、残留の方がある程度価格に織り込まれている状態だからです。

ということは、ギャンブルで言えば、離脱に賭けた方が美味しいですね。

トレードする時の注意点

スプレッド・レバレッジに規制あり

果敢に投票当日の値動きを狙いに行く、またはすでにポジションを持ったままで投票日を迎えようと思っている方々には注意が必要です。スプレッドの拡大・スリッページの拡大・レート配信の停止などが予想されます。普段のとおりにトレードしたら大変なことになります。

また、FX会社によっては、レバレッジ等に特別な規制を敷くところもあるようです。必ず、利用しているFX会社のHPなどを調べるようにしましょう。

スイスショックの教訓

ザラ場に起きた事件で言えば、昨年のスイスフランショックを思い出します。あの時は多くの業者でレートが止まっていたり、とんでもなくスプレッドが開くなどしていて、トレードできる状態ではありませんでした。

また、ロングポジションを持っていた人は、証拠金を遥かに超える損失を被って追証を請求されるという事態もあったようです。↓のダイヤモンドザイの記事にいろいろ書かれていますが、2ちゃんねるなどではもっと悲惨な話もありました。

安心のゼロカット業者を使おう

ゼロカット業者とは、証拠金以上の損失についてはチャラにしてくれる業者のこと。つまり、追証なしです。一瞬で大暴落して、入金した証拠金以上の損失を被ろうと、お金を請求されることはありません。安心してギャンブルできます。

日本の業者にはありませんが、海外業者で探してみましょう。↓は私が使っているオススメ業者です。『安心のゼロカット方式採用』と書かれていますね。

titanFx
↓こちらも『マイナス残高リセット』と書かれています。

 上の2業者は、どちらも日本人ユーザーに人気の業者なので安心です。出金もすぐに対応してくれます。5分もあれば簡単に口座開設できるので、是非オススメです。

ただし、上の両業者とも、今回の国民投票に向けてレバレッジに特別規制が入ります。TitanFXは20~24日まで、最大レバレッジ100倍。XMは、今週末のクローズ直前から月曜オープンまでが100倍になります(今のところ発表されている分)。

ちなみに、私は154円くらいで適当に少額ポジったショートが利益になっているので、これを放置していくつもりです。TPを120円に置いておきました。当日までポジションが維持できるかな?

くれぐれも、今回のトレードは国内のメイン口座はノーポジにして、海外口座で余裕資金でやるようにしましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)