【FX手法】シンプルな1分足スキャルピング手法 with Laguerre

マーフィーのメンタルトレードEブック・DVD
この記事の所要時間: 28

こんにちは、ポゾです。久々の更新となります。

日頃チャートのみを用いてトレードしている方も少なくないと思いますが、なかなか手法が定まらないとお悩みの方も多いのではないかと思います。そんな方々に参考になる記事を、と思い、海外のサイト等で紹介されている手法を積極的に紹介していきたいと思います。

本日紹介するのは、Laguerreというインジケータを使用した超シンプルなスキャルピング手法です。

 シンプルな1分足スキャルピング手法 with Laguerre

引用元

推奨通貨ペア

GBP/USD 1分足チャート

使用するインジケータ

  • MACD(5,35,5)
  • Laguerre(0.66)
  • EMA Crossover Signal(デフォルト)

持っていないインジケータは、引用元の下記サイトに登録すると入手できます。

エントリー

買いの場合

  1. ロンドン又はニューヨーク時間
  2. MACD>0
  3. Laguerreが0.15以下から上抜け
  4. EMA Crossover Signalが点灯

売りの場合

  1.  ロンドン又はニューヨーク時間
  2. MACD<0
  3. Laguerreが0.75以上から下抜け
  4. EMA Crossover Signalが点灯

ストップロス

直近の高値・安値

エグジット

20pipsでTP注文をセット

トレードサンプル

f:id:hosshy1225:20160815175232j:plain

画像はhttp://www.fxtsp.com/ から引用

コメント

要するに、トレンドが発生している局面で押し目買いを狙います。押し目を形成しつつもMACDが0を割らないことで、トレンドの強さを判断。Laguerreはどういう指標なのかわかりませんが、よく海外のフォーラムでは頻繁に登場します。これも単純に押し目・戻りを計るオシレーターです。

引用元では1分足・GBP/USD推奨となっていますが、どの時間足・通貨ペアでも使えます。ただし、他の時間足・通貨ペアにする場合は、利確幅を自分で決めなければなりません。単純に(エントリー値-ストップロス)で想定損失pipsを計算し、RR比率(リスク・リワード比率)が1:1~2くらいになるように設定するのがいいと思います。

注意

当方で十分に検証した上で“勝てる”手法を紹介している訳ではありません。ご自身で十分に検証してから実践してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)