【海外EA】WallStreet Forex Robot 2.0 EVOLUTION

マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム
この記事の所要時間: 1233

かつて一世を風靡したレジェンドEA・WallStreet Forex Robotが満を持してバージョンアップして再登場しました。

We’ve revolutionized Forex Trading six years ago.
Now, we’ve done it again!

このキャッチコピーがすべてを語っていますね。「俺らは6年前にFX界に革命を起こしたんや。もういっちょやったるでーッ!」ってことですね。
当時は海外EAブームが起きていましたが、その中心的存在のEAがWallStreet Forex Robotでしたが、その中でまだ生き残っているだけでも凄いのに、ここでさらにパワーアップと聞いたら黙っていられません。私も2000ドルを5000ドルに増やした経験があるので、性能は信頼しています。以前は500ドル以上する高級品でしたが、いまでは格安な上にさらに2つのEAがおまけで付属しています。
ポートフォリオの中核として長期的に使いたい一品です。

 WallStreet Forex Robot 2.0 EVOLUTION

wsfr

WallStreet Forex Robot 2.0 EVOLUTIONがオススメできる理由

1.公式のリアルマネー口座がmyfxbookの認証済みで公開されている

最大の理由はこれです。この販売者のEAはすべて同じですが、しっかり第三者機関の認証を得たトレードデータを生で公開しています。その上で右肩上がりのグラフを描いているので、同じように運用する際には安心できます。

このデータは自分で動かしているデモ口座を比べてみても、基本的に同じところで損失食らってるのが確認できます。ブローカーによって違いは生じてしまいますが、公式ページでは複数の口座が公開されています。

2.自動アップデート機能付き

EAのパラメーターには賞味期限があるとされており、その時の相場にマッチするように最適化する必要があるのが面倒なところ。しかし、このEAでは自動でサーバーからアップデートされるので、自分で最適化する必要がありません。
つまり、本当の完全放置が可能ということです。

3.60日間完全返金保証付き

海外では一般的ですが、返金保証が付いています。購入から60日以内であれば、理由は問わずに返金してもらえます。「もし実際に運用してみて損をしていたらそのデータを添付して申請」とかっていうものではなく、本当に理由は必要ありません。私も実際に海外EAで返金してもらったことは何回もあります(もちろん、その後はEAは使えなくなります)。

WallStreet Forex Robotの特徴(旧作での紹介文)

特定の時間帯ではなく、24時間スキャルピングタイプです。

トレンドに沿った方向に、「押し目買い」・「戻り売り」でポジションを持ちます。トレード頻度は、1日に1~3回程度です。10~20pips程度の利益をコツコツ狙い、ストップロスは100前後。

しかし、ストップロスに掛かることは滅多になく、たいていは事前にロスカットします。ロスカットの見事さには定評があり、「ここで切ってなかったら奈落の底だった」なんてことが多々ありますが、逆に「もう少し粘っていれば……」ということもよくあります。欲望に左右されない堅実さが魅力のEAです。

トレンドに沿ってトレードするため、安定してトレンドが続く相場には強いですが、トレンドの転換点や不安定な相場では思わぬ損失を食らう恐れがあります。指標発表時やクリスマス前後の閑散相場などでは運用を停めておくことをお薦めします。

WallStreet Forex Robot 2.0 EVOLUTIONの改良点

旧作から変わったところは、より利益が増えるようにロジックが改良された点。具体的なことはさすがに公開されていませんが、トレード頻度は増し、リスクレベルは減り、イグジットロジックも改良されているようです。同じ期間のデータで旧作が+16000pipsのところ、新作では+26000pipsとなるようです。
もう一点、下記のBLOKER SPY MODULEが搭載されました。

BLOKER SPY MODULEとは?

今作から搭載されたBLOKER SPY MODULEとは、ブローカーを監視するシステムのことです。わかりやすく言うと、スリッページを計測するシステムです。

FXでは、出した注文がブローカーのサーバーに届いて注文が執行されるまでにタイムラグがありますが、その間もレートは動き続けます。従って、発注価格と執行価格は異なり、この差がスリッページです。タイムラグ中のレートの動きは完全にランダムなので、スリッページはプラスになったりマイナスになったりするのが正常であって、スリッページの合計値はサンプル数が増えるほどに0に近づきます。

しかし、不思議なもので、必ずスリッページがプラスになり、トレード回数が増えるほどにプラスのスリッページが積み上がっていくことがあります。それは、ブローカーが意図的にプラスにずらしているからです。この不正にずらした分は、すべてブローカーの儲けとなります。いわゆる、見えない手数料です。注意しなければならないのは、低スプレッドを売りにして顧客を集めておいて、スリッページで稼いでいるブローカーが少なからずいるということです。これはれっきとした詐欺です。

BLOKER SPY MODULEは、今まではグレーゾーンになっていたスリッページを計測して数値化し、ブローカーの信頼性を計るという画期的なシステムです。
スリッページ計測のみのモードもあります。

対象通貨ペア

  • EUR/USD
  • GBP/USD
  • USD/JPY
  • USD/CHF
  • USD/CAD
  • AUD/USD
  • NZD/USD
  • EUR/JPY
補足
太字のペアが推奨ペアです。GBP/USDが最も安定して長期間利益を出しています。

タイムフレーム:M15

また、対象ペア以外の通貨ペアで動かすことも可能なので、自分で探してみてもいいでしょう。

EAの価格

  • $347(1ライセンス版)

おまけのEAをそれぞれ別口座で稼働したければ、3ライセンスが必要になります。1ライセンス版の場合は、1つの口座で複数稼働しなければなりませんのでご注意ください。

購入は公式ページからどうぞ。

補足
クレジットカード・デビットカード・paypalに対応しています。

WallStreet Forex Robot 2.0 EVOLUTIONのインストール方法

1.購入が完了したら送られてくるメールでログイン情報を確認し、公式ページにログインしましょう。
wsfr2e2

2.公式ページ内のDOWNLOADページに進み、DOWNLOAD INSTALLERボタンをクリックしてインストーラをダウンロードして保存しましょう。

3.いったん起動中のMT4をすべて終了します。

4.インストーラをクリックして起動します。

f:id:hosshy1225:20160330125037j:plain

起動したらNext をクリック。

f:id:hosshy1225:20160330125047j:plain

同意にチェックを入れて、Next をクリック。

f:id:hosshy1225:20160330125101j:plain

使用するMT4のフォルダを指定して、Next をクリック。

f:id:hosshy1225:20160330125125j:plain

Next をクリックしてインストール開始します。

f:id:hosshy1225:20160330125147j:plain

Nextをクリック。

f:id:hosshy1225:20160330125205j:plain

Finishをクリックしてインストール完了。

5.MT4を起動したら、稼働する通貨ペアのチャートを開き、15分足をセットしましょう。

6.EAをセットして、自動売買ONにしましょう。(ファイルは2種類ありますが、***simpleと付いていない方を使います)

↓こちらの記事も参考にしてください。

メタトレーダー4 (MT4) でFX自動売買を始めよう!

2016.04.27

7.最後にアカウントを有効にします。メンバーページでACTIVATIONをクリックします。MT4の口座番号を入力し、Activateボタンをクリックします。

wsfr2e3

WallStreet Forex Robot 2.0 EVOLUTIONの設定

基本的には、パラメータについては、デフォルトが推奨されているので、解説は省略します。

リスク設定

本EAには資金管理機能が搭載されており、自動でロット数を計算してくれます。

設定方法はチャート右クリック>>エキスパートアドバイザ>>設定>>パラメータの入力を開きます。パラメータのAutoMMの欄に数字を入力することによって、マネーマネジメント機能がONになります。1~5%が推奨され、年間で10~100%のリターンが期待できるそうです。最も推奨されるのが5%です。

AutoMMの欄に0が入力してあると、Fixedlots(固定ロット)に入力してあるロット数となります。

注意
AutoMM機能は円口座では使えませんので、ご注意ください。円口座の場合は固定ロットで運用してください。

 カスタム設定について

デフォルト設定の他にも、ドローダウンを低くしたい方やもっとトレード頻度を増やしたい方のためのカスタム設定が用意されています。

  • EUR33……SLが33pipの低リスク設定
  • GBP30……SLが30pips
  • GBP52……SLが52pips
  • GBP52T……さらに頻度が増すターボ設定

設定方法はチャート右クリック>>エキスパートアドバイザ>>設定>>パラメータの入力を開きます。
UseCustomPairの欄をtrueにし、UseSettingsFromの欄に設定名を入力するだけです(例:EUR33)。

補足
基本的に、SLを浅くするほどにドローダウンは低くなりますが、全体的なパフォーマンスは低下します。長期的な視野に立って、一つ一つのトレード結果に一喜一憂しない方はデフォルトで、初心者の方など大きな損失を食らうのが耐えられない方はカスタム設定にしてください。

WallStreet ASIA

WallStreet ASIA

WallStreet ASIAの特徴

その名のとおり、アジア時間限定スキャルピングロジックが仲間入りしました。一時大流行した“朝スキャ”ですが、業者の対策などにより姿を消しましたが、ほとぼりが冷めて再登場しました。

これを動かすにはブローカーを選ぶ必要があり、早朝にスプレッドが広がり過ぎるようだと使えません。できれば低スプレッドのECNブローカーにしましょう。私はTitanFXを使用しています。

titanFx

ちなみに、スプレッドが広がり過ぎた時はエントリーしないフィルターが搭載されています。

↓こちらは販売者が公開しているフォワードテスト。

対象通貨ペア

  • GBP/USD
  • USD/JPY
  • GBP/CAD
  • GBP/CHF
  • EUR/GBP
  • EUR/CHF
  • USD/CAD
  • USD/CHF

(※太字が推奨ペア)

タイムフレーム:15分足

WallStreet ASIAの設定

ほぼWallStreet Forex Robot 2.0 EVOLUTIONと同じです。

ただし、時間限定でトレードするため、ブローカーのサーバー位置のタイムゾーンによって設定をする必要があります。Auto_GMTという機能で自動的にやってくれるはずなのですが、なぜか機能しないので、手動で入力する必要があります。
まずパラメータのAuto_GMTをfalseにし、Manual_GMT_Offsetの欄に数字を入力します。オフセットの数字はブローカーごとに異なるので、ブローカーのサイト等で調べる必要があります。

たいていは夏時間+3,冬時間+2が多いです。

注意
変な時間にトレードが始まったら、この設定が間違っているので、すぐにEAを停止してください。ニューヨーク市場のクローズ後にトレードするので、日本の早朝以降に動くのが正解です。

WallStreet RECOVERY PRO

WallStreet Recovery PRO

WallStreet RECOVERY PROの特徴

WallStreet Forex Robotのカスタム設定の項で述べたように、ストップを浅くするほどにドローダウンは下がりますが、全体のパフォーマンスも低下します。逆に、ストップを限りなく遠くしたり、ストップ無しにすると、パフォーマンスは格段に向上しますが、相場が一方的な動きをした時には巨大なドローダウンを食らうことになります。

このRECOVERY PROはその特性を利用したもので、エントリーロジックは通常のWallStreet Forex Robotと同じですが、決済ロジックのみが異なり、ストップがひたすら深く設定されています。

ドローダウン時にはナンピンも行い、素早い回復を狙います。

↑は販売者が公開しているフォワードテストになります。上のASIAのものと比べると一目瞭然ですが、損切りがないので資産曲線はきれいな右肩上がりになります。含み損も考慮したものがオレンジの曲線(Equity)になりますが、時折巨大な含み損を持っていることがわかります。これが0まで届いてしまうと、一気に破綻ということになります。

この危険性を十分理解した上で稼働してください。

対象通貨ペア

  • EUR/USD
  • GBP/USD
  • USD/JPY
  • AUD/USD
  • USD/CHF

(※太字が推奨ペア)

タイムフレーム:15分足

WallStreet RECOVERY PROの設定

こちらも基本的にはデフォルト推奨です。

重要なのはリスク設定。1~2%が推奨、なるべく1%にしてください。

WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)